スポンサーサイト

  • 2010.06.01 Tuesday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


<大関魁皇関>総理大臣顕彰授与へ 力士で初めて(毎日新聞)

 平野博文官房長官は30日午前の記者会見で、大相撲春場所で史上初の幕内在位100場所に到達した大関・魁皇関(37)=本名・古賀博之=に対し、内閣総理大臣顕彰を授与すると発表した。力士への同顕彰授与は初めてで、鳩山政権としては昨年11月の宇宙飛行士の若田光一さんに続き2人目。

 平野氏は「長年研さんを重ね、数々の苦難を乗り越えて偉業を成し遂げた」と述べた。

【関連ニュース】
大相撲春場所:白鵬14戦全勝 把瑠都13勝で大関確定的
大相撲春場所:白鵬13連勝 把瑠都も1敗守る
大相撲春場所:白鵬、把瑠都が10戦全勝 1敗は日馬のみ
大相撲春場所:白鵬、把瑠都 ともに無敗を守る
大相撲春場所:琴奨菊が初黒星、無傷の6連勝は白鵬ら4人

センバツ 開星監督が辞任 校長に申し出(毎日新聞)
足利事件再審 無罪に涙ぐむ支援団体の西巻さん(産経新聞)
<大学・短大認証評価>愛知学院大法科大学院は「不適合」(毎日新聞)
「TOKYO1週間」など休刊=講談社(時事通信)
理想の上司、関根勤さんと天海祐希さんが1位(読売新聞)

<もんじゅ>運転再開4月にずれ込む 5度目の延期(毎日新聞)

 高速増殖炉「もんじゅ」(福井県敦賀市)の運転再開が、4月にずれ込む見通しになった。国の審査は今月にすべて終了したが、再開の是非を判断する地元の手続きにめどが立たないため。日本原子力研究開発機構は年度内の再開を目指していたが、延期は5度目。

 経済産業省原子力安全・保安院によると、再起動の前に立ち入り検査を4日間行うため、年度内に再開するには遅くとも今週末までに地元了解を得る必要がある。しかし、地元側が条件としている県の有識者会議での耐震安全性審査が終わっていないことや、西川一誠知事、川端達夫文部科学相、直嶋正行経済産業相による3者協議の日程調整がつかないため、年度内再開は不可能になった。

 再開への理解を得るため22日に県と敦賀市を訪ねた中川正春副文科相は「年度内にこだわることはない」と述べた。【酒造唯、大久保陽一】

【関連ニュース】
もんじゅ:下請け2社献金 敦賀市長に5年で222万円
もんじゅ:耐震性問題なし 原子力安全委
もんじゅ:「耐震性評価は適切」安全委
もんじゅ:地震での重大な影響なし 原子力保安院作業会合
もんじゅ:業務請負3社、知事側からもパーティー券購入

北海道塵肺訴訟 国の時効認めず 地裁、賠償命令(産経新聞)
新型インフル GSK社製ワクチンの32%解約(産経新聞)
首相、小沢氏らと懇談「国民の目は厳しい」(読売新聞)
週刊誌報道を陳謝=閣僚辞任は否定−中井洽氏(時事通信)
アザラシ猟に裸で「NO」=米保護団体がカナダ政府に抗議−東京(時事通信)

シー・シェパード元船長の拘置延長(読売新聞)

 反捕鯨団体シー・シェパードの元船長が南極海で調査捕鯨をしていた「第2昭南丸」に侵入した事件で、東京地裁は23日、艦船侵入容疑で逮捕されたピーター・ベスーン容疑者(44)について、4月2日まで10日間の拘置の延長を認める決定をした。

ストーカー認知、過去最多の1万4823件(読売新聞)
造山古墳で周濠跡=大王墓に匹敵、地方にも大勢力か−岡山大(時事通信)
採用ポスター1万枚回収=陸自商標権侵害の恐れ−埼玉県警(時事通信)
<座礁船>岸に接近、自力脱出困難に 北海道石狩湾(毎日新聞)
違法情報サイト、積極摘発=管理者を「ほう助」で立件−警察庁、全国に指示へ(時事通信)

首都圏JR 架線トラブル 「急に電気消えた」「ドン、と音がした」(産経新聞)

 「どうなっているんだ」。いらだちの怒声が夜の線路に響いた。駅に着かないまま、立ち往生したJR埼京線に乗り合わせた乗客は、怒りとあきらめ、そして、疲労が入り交じったような表情を浮かべた。

 乗客はトラブルから約1時間半後の午後8時50分ごろから、係員に誘導され、車両から脚立で降り、線路沿いを目白駅ホームまで歩いた。全員が車外に出るまで約1時間かかった。

 埼玉県戸田市の男性会社員(37)は「走行中に急に電気が消え、惰性で走り、止まった感じ」と、突然の出来事を説明。「窓を開けて『どうなっているんだ』と叫ぶ人もいた。疲れた」とため息をついた。別の男性は「ドン、と音がして、両側の窓が光った」と状況を語った。ネット上のミニブログ「ツイッター」でも、「埼京線に閉じ込められています」など、“実況”が書き込まれた。

 同市の会社員、岡安茂さん(50)は「『電車から降りて歩く』と言っていたアナウンスが、『復旧する見込み』に変わり、最終的には歩いた」とくたびれた様子。都内の女子高生(18)は「原因は友人や家族のメールで知った。車内アナウンスの方が遅かった」とうんざり顔だった。

 同駅付近には、救急車が待機。救急隊員に担ぎ出され、担架に乗せられた女性は「腰が痛い」と、苦しそうな声を上げた。

 東京駅では山手線ストップの影響で、一部区間を並行する京浜東北線はすし詰めに。青森市から観光に訪れた中国人の男子留学生(24)は「上野駅まで行きたいが、山手線が止まるとどうやっていけばいいかわからない」と話した。

伊丹空港廃止、箕面市議会が決議の見通し 地元3市の差際立つ(産経新聞)
東京消防庁 地下鉄でテロ対策訓練 サリン事件から15年(毎日新聞)
<雑記帳>「龍馬銀貨」5月発行(毎日新聞)
吉野家元バイトが強盗、現役バイトはネコババ(スポーツ報知)
埼玉県警採用ポスター、陸自の商標権侵害?(読売新聞)

<粉飾決算>「ニイウスコー」元会長ら告発 証取法違反容疑(毎日新聞)

 システム開発会社「ニイウスコー」(東京都中央区)による巨額粉飾決算事件で、証券取引等監視委員会は19日、05年6月期決算を粉飾したとして横浜地検に再逮捕された元会長の末貞郁夫(62)=横浜市青葉区=と元副会長の大村紘一(68)=神奈川県藤沢市=の両容疑者を証券取引法違反(有価証券報告書等の虚偽記載)の疑いで同地検に告発した。

 監視委によると、コンピューターメーカー大手「日本IBM」(東京都中央区)などを取引先とする新たな不正取引が見つかり、最終的な売上高の粉飾額は05年6月と06年6月の両期で274億円となった。

【関連ニュース】
ニイウスコー粉飾:日本IBMを強制調査 証券監視委
売上高水増し:容疑のニイウスコー元会長ら2人再逮捕
ニイウスコー:元会長ら再逮捕へ 05年決算も粉飾容疑
日本IBMグループ:4000億円申告漏れ…争う姿勢
証取法違反:売上高水増し容疑で元会長ら逮捕…横浜地検

10年度予算、24日成立=政治主導法案審議入りへ(時事通信)
与謝野勉強会、総裁除く執行部刷新を=谷垣氏に直接申し入れへ(時事通信)
名神でトレーラー追突事故(産経新聞)
<強風>壊れた屋根直撃、47歳女性が死亡…北九州の駐車場(毎日新聞)
藤川市議を擁立の方向=参院比例に−自民(時事通信)

<鶴岡八幡宮>大銀杏の植え付け作業終わる(毎日新聞)

 神奈川県鎌倉市の鶴岡八幡宮(吉田茂穂宮司)は16日、強風で折れた大銀杏(おおいちょう)の幹の植え付け作業を終え、報道陣に公開した。本殿に続く石段脇で、残った根の約7メートル西側に植え、再生に期待を寄せる。

【無事だったころの写真も】鶴岡八幡宮:大銀杏倒れる…樹齢千年、実朝暗殺の舞台

 大銀杏は樹齢1000年とされ、かつて源実朝を暗殺した公暁が隠れていたとも伝えられる。幹回り約6.8メートル、高さ約30メートルだったが、雪交じりの強風の影響で10日朝、根元付近が折れて倒れた。

 再生の可能性があるとの判断で、幹の下部約3.6メートルを植え直した。内部には直径約1メートルの空洞もある。残った根からも、ひこばえ(幼木)が生えるかもしれないという。

 石段は現在、通行止めになっているが、八幡宮は近く、一般の参拝客にも大銀杏を公開する予定。【吉野正浩】

【関連ニュース】
<衝撃、大銀杏倒壊>吉田宮司、涙ながらに「つらい…」 
鶴岡八幡宮:大銀杏の幹を移植 倒壊場所から近い西側へ
鶴岡八幡宮:大銀杏倒壊 専門家「90%再生できる」 
<写真特集>毎日植物園・秋 黄金色に色づいたイチョウ並木の下をお散歩

朝鮮学校無償化、総連が各校に“獲得”を指示 金総書記の意向受け(産経新聞)
<鳩山首相>「弟・邦夫氏と連携するつもりもない」(毎日新聞)
阿久根市長「駆け引きとマスコミへのお仕置き」(読売新聞)
民主・藤田一枝議員、寄付700万円記載漏れ(読売新聞)
阿久根市長 3回連続で市議会本会議を欠席 鹿児島(毎日新聞)

敦賀原発1号機 運転開始40年に 国内初 想定期間超す(毎日新聞)

 日本原子力発電敦賀原発1号機(福井県敦賀市、出力35.7万キロワット)が14日、国内の商業用原発として初めて運転開始から40年を迎える。原発の「寿命」は当初、30〜40年とされてきただけに、想定期間以上の運転を危ぶむ声は少なくない。今後5年で運転40年に達する原発は敦賀1号を含めて計9基。原発は長期運転時代に突入した。【曽根田和久、酒造唯】

 敦賀1号は当初、今年で運転を終える予定だった。しかし、増設される3、4号機(いずれも出力153.8万キロワット)の工事が遅れていることから、3号が稼働する予定の16年までの延長を決めた。

 経済産業省原子力安全・保安院によると、現在運転する最古の原発は今年で43年目を迎える英・オールドベリー原発。他にも40年以上運転した原発はあるが、国内では未体験の領域だ。

 原発の原子炉容器は、核分裂で発生する中性子に長期間さらされることで材質の強度が下がる「中性子照射脆(ぜい)化」という現象が起こる。また、配管内を流れる高温高圧の水や蒸気によって肉厚が薄くなる「配管減肉」などにもさらされる。国や電力各社はこれらの「老朽化」を「高経年化」と呼ぶ。

 原子力安全・保安院は最長60年の運転を想定し、10年ごとに各原発の高経年化対策を確認して、安全性を評価していく方針。保安院高経年化対策室は「30〜40年というのは『少なくともこの期間は大丈夫』という意味。寿命ではない」といい「米国ではすでに60年運転へ向かっている。60年は工学的に無理のない範囲」と説明する。

 原発の劣化問題などを研究する井野博満・東京大名誉教授(金属材料学)は「原発事業者は都合よくデータを解釈している。国も、原発の寿命延長ありきの審査体制だ。古い原発はすぐにでも停止すべきだ」と強く批判する。

【関連ニュース】
敦賀原発:1号機の6年間運転延長了承へ 福井県知事ら
福井・敦賀原発:1号機「40年超」に
福井・敦賀原発:1号機の40年超運転、知事が了承
もんじゅ:パー券問題 再開判断影響なし 知事、県議会特委で認識示す /福井
APEC:会合前に敦賀署と原発3事業者が協定 テロ未然防止で /福井

梅香る南朝の夢の跡 賀名生梅林(産経新聞)
邦夫氏との連携否定=鳩山首相(時事通信)
<長谷川等伯展>1万3553人が訪れ、長蛇の列 東京(毎日新聞)
<日米密約>再持ち込み容認「会談録案」 69年外務省作成(毎日新聞)
捕鯨船侵入の男、12日に逮捕=シー・シェパード活動家、乗せたまま入港−海保(時事通信)

<掘り出しニュース>姫路城 平成の大修理 「見納め花見」に殺到か(毎日新聞)

 ◇東で西で春の乱

【写真特集】日本各地の城を写真で

 【兵庫】姫路市の世界遺産・姫路城で進められている「平成の大修理」は4月12日、大天守を覆う素屋根の建設工事に入る。城内は桜の名所としても知られるが、来年から4シーズンは「白鷺城」と桜の華麗な競演を楽しめなくなるため、今年は大勢の花見客が詰めかけると予想される。「見納め花見ツアー」を企画している旅行会社も多く、城を管理する市は「日によっては限界を大きく超える登閣者が殺到する」と危ぶんでいる。【久野洋】

 大修理は2014年度まで。素屋根建設が始まれば、素屋根内の見学が可能になる来春まで大天守に近付けなくなる。

 大天守の有料登閣者数は素屋根工事の着工が近付くにつれて増え、今年1月は約7万2000人と前年同月の約1・6倍。市はこれらのデータを基に、今年の花見シーズン(3月20日〜4月11日)には昨年同期の約15万人を大きく上回る約22万人が訪れると推計している。

 昨年は1日1万5000人を超す登閣者を記録した日もあった。しかし、今月7日からは本丸の一部立ち入り禁止に伴って登閣ルートが減るため、市は「今季は1日約1万人が限界」と想定。週末には、登閣できない人が続出する恐れもあるとみている。

 この事態に、「見納めツアー」を企画している各旅行会社も対応に追われている。姫路城では事前予約を受け付けていないが、姫路観光コンベンションビューローには「整理券はないか」や「団体客は特別扱いにして」などの問い合わせが殺到。阪急交通社は「お客さまが登閣できない事態は絶対に避けたい」と話す。

 市は3月20日〜4月11日の期間中、開城時間を1時間早めて午前8時からとする▽登閣待ち時間を示す看板を15カ所に設置−−などの対策を講じたうえで、比較的すいている午前中の登閣を呼び掛けている。担当者は「希望者全員が登閣できるよう頑張るが、それでもだめなら謝るしかない」と戦々恐々だ。

【関連ニュース】
【特集】日本各地のさくら情報
【写真特集】桜の開花情報はこちら
【写真特集】日本の世界遺産
【写真特集】春の草花がたくさん 毎日植物園

【日本人とこころ】白川静と出遊(上) 漢字を読み解く知的冒険 (産経新聞)
桜 高知で開花 平年より13日早く(毎日新聞)
<訃報>小沢惇さん71歳=小沢音楽事務所会長(毎日新聞)
長妻厚労相 年金事務所を視察 注文を連発(毎日新聞)
北教組献金 小林千議員に任意聴取を要請 札幌地検(毎日新聞)

船形山遭難 「判断に甘さあった」救助された男性(毎日新聞)

 宮城・山形県境の船形山(標高1500メートル)で遭難、救助された男女3人のうち、仙台市泉区加茂4、田中義宗さん(73)と同区長命ケ丘東、庭野勲夫さん(70)が4日、仙台市内の病院で記者会見した。悪天候が予想されたため、1日ずらして1日に出発したが、いったん回復した天気が再び崩れたという。田中さんは「天候の判断に甘さがあった」と話した。2人は4日午後、退院した。

 田中さんらは宮城県警や自衛隊などの捜索隊に感謝の言葉を繰り返した後、経過を説明。3人とも2日分の食料を持っていたが、3日目には数口分のチョコレートだけになり、分け合った。2晩目は吹雪となり、あまりの寒さに雪洞の外で足踏みをして体を温めたという。庭野さんは「生き延びられるか心配だったが、何とか生きようという気持ちだった」と語った。【高橋宗男】

【関連ニュース】
船形山遭難:男女3人無事下山 作った雪洞に退避
船形山遭難:男女3人を自衛隊員が発見 自力で歩ける状態
船形山遭難:3日早朝に「みんな元気」 不明者から電話
船形山遭難:男女3人発見できず 宮城・山形県境
登山:男女3人、山中で一夜 宮城・山形県境

ツイッター 国会議員のつぶやき「増殖」 大臣遅刻も中継(毎日新聞)
介護業界、厳しい春闘…待遇改善・賃上げ国頼み(読売新聞)
臓器提供施設に小児医療施設追加を―厚労省研究班が報告(医療介護CBニュース)
平成22年度予算案が衆院通過(産経新聞)
看護職の教育内容でWGが経過報告―厚労省(医療介護CBニュース)

<日本アカデミー賞>鳩山首相が授賞式に出席 上機嫌で祝辞(毎日新聞)

 鳩山由紀夫首相は5日夜、東京都内のホテルで開かれた「第33回日本アカデミー賞授賞式」に出席し、最優秀作品賞に選ばれた「沈まぬ太陽」の出演者らに祝辞を贈った。

 自らを「映画大好き人間」と称した首相は、華やかな会場の雰囲気に上機嫌の様子。「(作品の)舞台になったJAL(日本航空)は沈んじゃったような気もしないでもないけど、まさに『沈まぬ太陽』でもう一度JALもよみがえってもらいたい」と脱線気味に話していた。【小山由宇】

【関連ニュース】
バンクーバー五輪:「頑張ってくれた」鳩山首相たたえる
五輪フィギュア:鳩山首相「素直におめでとう」
鳩山首相:親が自殺した遺児と官邸で面会
鳩山首相:トラック運転手が表敬訪問
首相公邸:改修費は474万円 鳩山首相の転居時

道教委教育長、北教組政治活動の早期の実態把握実施 北教組幹部の事情聴取も(産経新聞)
<鳩山首相>「小沢氏と説明責任で合意」予算審議で明かす(毎日新聞)
<訃報>廣江勲さん88歳=元丸紅副社長(毎日新聞)
日本アイ・ビー・エムを強制調査=ニイウスコー粉飾事件−監視委(時事通信)
税額控除導入を本格検討=寄付税制改革の主要論点に−政府(時事通信)

calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>
sponsored links
リンク
クレジットカードのショッピング枠を現金化
携帯ホームページ
ブラック キャッシング OK
ショッピング枠現金化
クレジットカード現金化
探偵
selected entries
archives
recent comment
  • <ひき逃げ>トラック運転手を逮捕 大阪・港区で男性死亡(毎日新聞)
    AtoZ (08/27)
  • <ひき逃げ>トラック運転手を逮捕 大阪・港区で男性死亡(毎日新聞)
    志波康之 (01/16)
  • <ひき逃げ>トラック運転手を逮捕 大阪・港区で男性死亡(毎日新聞)
    カドルト (01/10)
  • <ひき逃げ>トラック運転手を逮捕 大阪・港区で男性死亡(毎日新聞)
    ソルバルウ (01/02)
  • <ひき逃げ>トラック運転手を逮捕 大阪・港区で男性死亡(毎日新聞)
    タンやオ (12/28)
  • <ひき逃げ>トラック運転手を逮捕 大阪・港区で男性死亡(毎日新聞)
    リョータ (12/23)
  • <ひき逃げ>トラック運転手を逮捕 大阪・港区で男性死亡(毎日新聞)
    まろまゆ (12/19)
  • <ひき逃げ>トラック運転手を逮捕 大阪・港区で男性死亡(毎日新聞)
    ゴンボ (12/17)
  • <ひき逃げ>トラック運転手を逮捕 大阪・港区で男性死亡(毎日新聞)
    パイン (12/12)
  • <ひき逃げ>トラック運転手を逮捕 大阪・港区で男性死亡(毎日新聞)
    夜沢課長 (12/09)
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM